いつまでも健康な歯にするために【歯医者で予防しよう】

口腔内の健康を守るためにできること

口腔内を健康に保つためには、日頃からケアを行う必要があります。毎食後歯を磨くことはもちろん、歯間ブラシや電動歯ブラシ、デンタルフロスなどを使って磨き残しがないようにすることも大切です。

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

歯間ブラシ

名前の通り、ブラシの形をしています。歯と歯茎の間にある汚れを取ることができ、歯周病予防にも効果が期待できます。歯の歯の間が狭い場合は、歯間ブラシが入り込まないこともあるでしょう。

デンタルフロス

細い糸のようになっていて、歯の歯の間の汚れを取るのに適しています。そのため、虫歯予防として取り入れられると効果があります。歯と歯の間が狭くても入りやすいので、歯間ブラシが合わなかった人も試してみるといいですね。

いつまでも健康な歯にするために【歯医者で予防しよう】

診察台

歯医者で定期検診を受けよう

いくら自分でケアをしていても、磨き残しや自分では気づかない症状があるかもしれません。そういう場合でも、歯医者で定期検診を受けておけば早い段階で異常を見つけることができるので、重症化する前に治療を行うことが可能です。

女性

定期検診でチェックしていること

姫路市の歯医者では、定期検診の際に口腔ケアの状態や異常の有無をチェックしています。また、顎関節や咀嚼筋、口蓋、頬粘膜などの状態も見てくれるのです。歯周病のリスクを調べることもできるので、心配な人は調べてみるといいでしょう。

歯

小さい子供や妊婦は無料で受けられる場合もある

「乳幼児健康診査」では、1歳6か月児と3歳児は無料で歯科検診を受けることができます。また、それ以外の年齢の子供や妊婦でも、自治体によっては無料で歯科検診を受けられることがあるので、まずは自治体に問い合わせてみましょう。

広告募集中